不動産業に就職する前に確認したい、8つのメリット、8つのデメリット

不動産仲介会社に就職する前に確認したい、8つのメリット、8つのデメリット。

【メリット】

1.給料が高い:トップ営業マンの中には、20代で年収1,000万円と他業界と比較して給料は高いです。

2.平日が休み:人手が少ない平日が休みとなるため、行楽地に遊びに行くのも楽。

3.お客様と直接つながる:企業相手の仕事ではなく、一般人が相手の仕事の為、お客様とより親密になれる。

4.勤務地が自宅周辺が多い:基本的に自宅の近くが勤務地となる。

5.通勤時間が短い:自宅の近くが勤務地となるため、通勤時間が少ない。

6.異動しやすい:職場の人間関係上手く行かなくても、近くに店舗が複数あるため、異動の希望が通りやすい。

7.責任の額が小さい:1億円の物件でも手数料は300万円、何億円という損失を出す機会がない。

8.個人の能力が問われる:チームで動くこともあるが、基本的にはほとんどの業務を自分一人でこなすことになる。

【デメリット】

1.労働時間が高い:21時まではお客様とやり取りができるため、必然と帰宅時間は21時以降に。

2.土日が休みではない:子供がいる家庭では、子供の行事開催が土・日が多いため、子供のイベントに参加できる機会は少ない。

3.クレームが多い:多数の案件を一人でこなすため、至らぬ点が多少出てくる。お客様の要望通りに動けない場合は、すぐにクレームとなってしまいます。

4.付き合いが多い:職場や取引先、お客様と、とにかく付き合いが多くなります。

5.支出が多い:付き合いが多くなるのと比例して多くなるのが支出。

6.責任の負担が大きい:基本的に一人で業務を行うため、責任も一人で負わなければいけません。

7.自分を助けられるのは自分しかいない:成績が上がらなくても周りは誰も助けてくれません。

8.大きいプロジェクトがない:チームで大きい案件に取り組むということがないので、何億円というプロジェクトに関わることもありません。

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建