任意売却の最終手段

住宅ローンが支払えない、そんな状態を放っておくといずれは競売となってしまって裸一貫で放り出されてしまいます。そんな状況下で不動産所有者が唯一出来ること、それが任意売却です。インターネットが普及した今般では、任意売却することで引越代が捻出できるのは周知の事実ですが、担当する営業マンによっては更にその先の結果を残すことも可能です。具体的には、任意売却物件を購入した後、リフォームして再販することで得ることができた利益を、任意売却者にキャッシュバックしてくれる買取業者があるのです。

一般的に競売物件については、入札者が競売物件を内見することはできません。そのため、最低落札価格も相場価格の半額程度に設定され、入札者もリスクを考慮した入札価格で対応することになってしまいます。ところが、任意売却の場合は任意売却者がどのような方か知ることができ、入札物件の内情を詳細に知ることができるので、競売と比べてある程度のリスクを排除することができます。結果として、任意売却の購入は相場価格の7割程度ですることができます。抵当権者も競売と比べると任意売却の方が回収金額が高くなるのでメリットがあります。

任意売却者にはキャッシュバックがあり、抵当権者はより多くの金額を回収することができ、買取業者はリスクを減らして事業をすることができるWIN-WINの上記の方法は、任意売却の最終手段と言えるでしょう。他の任意売却専門サイトを見てもこの方法の達成方法が記載されておりません。任意売却でお困りの方は、ご連絡頂ければご相談に応じております。

コメントする

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建