不動産仲介営業に向いている人、向いていない人

不動産仲介の営業に向いている人、向いていない人をまとめてみました。
【向いている人】
①お客様のクレームがきても気にしない人
⇒不動産仲介はクレームがつきものの仕事です。いちいちクレームに関わっていたら次の案件がこなせません。
②効率的な仕事を追求できる人
⇒不動産仲介の仕事はやろうと思ったらやることが無限にある仕事です。無限にある仕事の中から結果に直結する仕事をできる人が向いています。
③自分の仕事を増やすために他人をうまく使える人
⇒自分の仕事をできるだけ他人にやらせて自分の仕事の量を倍にできる人が向いています。
④声のトーンが落ち着いている人
⇒お客様との会話の中で、早すぎないスピードの低い声量のしっかりした人が話すと、お客様に安心してもらえます。
⑤相手の事情よりも自分の成績を優先できる人
⇒時間をかければ売れる・買える可能性があるお客様にも交渉して値段を下げたり、買わせたりと自分の成績を優先して納得できる精神力が必要です。
⑥何をするにでも他の人に相談してから仕事ができる人
⇒自分が知っていると思ったことでも、他の人に相談したら良いアイデアが出たということがたくさんあります。自分を過信せず、疑うことが必要です。
⑦人間力が高い人
⇒自分の人間力を高めている努力をしている人には同じような人が集まります。
⑧忍耐力がある人
⇒理不尽なことが降りかかってきても耐えられるような人が生き残っていきます。
⑨社内営業が上手い人
⇒上司を取り込むのが上手い人は、上司から仕事が回ってきます。
⑩圧迫感がある人
⇒お客様から見てこの営業マンには言いづらいなと思わせることができたら勝ちです。
【向いていない人】
①本を読んでいない人
⇒お客様と話をするのに最低限の量の本を読んでいないと馬鹿にされてしまいます。
②面倒くさがりの自覚がない人
⇒不動産仲介の仕事は面倒なこととどれだけ向き合ってできるかです。面倒くさがりな人でもその自覚がある人は大丈夫です。
③物事を端折る人
⇒あれは大丈夫だろう、これは調べていないけど大丈夫だろう、お客様に確認しなくても大丈夫だろう、クレームはそんな気持ちに付いてきます。
④人にわからないことを聞けない・相談できない人
⇒自分に分からないことはどんどん人に質問・相談しないといけません。もじもじしているだけでは誰も助けてくれません。
⑤他の人の行動に鈍感な人
⇒自分のことで手一杯で他の人の動きに気を配れないと、お客様の気持ちも分かりませんし、好機を逃してしまうことにもつながります。
⑥出来ないことを相手方に伝えられない人
⇒自分でできないと思ったことを相手方に伝えられないと、最後は取り返しのつかないことになりかねません。
⑦他の人に仕事を頼むのに気が引ける人
⇒立っているものは親でも使えないと自分のキャパシティを超えられません。他の人に頼んで罪悪感が生じるようでは大成できません。
⑧引っ込み思案の人
⇒折角のチャンスが目の前にぶら下がっているのに尻込みしてしまうような人はいつまでたってもできません
⑨自信がない人
⇒自分に自信がないとお客様も不安になってしまいます。
⑩断れない人
⇒人からお願いされたことを断れないと損な役回りを押し付けられ、自分の仕事ができなくなります。

コメントする

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建