不動産業界でこれから働く方へ

当サイトは、初めて不動産仲介会社への入社・就職が決まった方へ参考となる情報を提供しております。この情報を活用できれば、入社後一年で同期に大きな差をつけることもできます。是非ご活用してください。

なぜこのようなサイトを作ったのか、私自身初めて不動産仲介会社へ入社した際非常に戸惑ったからにほかなりません。私は不動産仲介会社へ入社する前は、都内の企業で法務の仕事をしておりました。その後、在職中に宅地建物取引主任者の資格を取ったこと・結婚したことをきっかけに、稼ぐことのできる不動産仲介会社へ転職致しました。 思い返してみると都内の企業に入社したときは当然OJTがあり、上司が職務内容を指示し、2~3年で職務を覚えていくという感じでした。しかしながら私が不動産仲介会社へ転職したときは中途採用です。当然即戦力として稼動しなければならないのはわかっていましたが、職務に慣れるまではある程度最低限のことは教えてもらえるものと期待していました。ところが入社して間もなく気づいたのです。

先輩は新入社員を教えようという気はまったくありません。

なぜか、仮に新入社員に仕事を教えて仕事ができるようになると、ゆくゆくは自分のライバルになってしまいます。営業会社は厳しいところです。数字ができない営業マンは不要ですし、数字が人格とまでいわれてしまいます。また、新入社員を教えたって自分の給料が上がるわけでもないので一円の得にもなりません。そんな状況の中誰が好き好んで新入社員を教えようという気持ちになるでしょうか。そんな暇があったら自分の案件を少しでも早く進めたいというのが率直な気持ちです。そこで私は先輩営業マンに教えてもらう為、食事に誘ったり、先輩のタバコを買いだめしたり、上司の家まで送り迎えしたものです。今思い返してみると当サイトで紹介するマニュアルのようなものがあれば、もっと肩の力を抜いて業務に取り組むことができたと思います。つまりこのような体験があり、今新入社員を迎える立場になったからこそ、これから不動産仲介会社へ入社・就職する人には、是非当サイトで最低限の基礎的な知識を身につけて不動産仲介会社での勝ち組になってほしいと思っております。

不動産仲介会社で勝ち組になるにまず同期に勝つ必要があります。

不動産仲介会社では、入社後2~3年で勝ち組・負け組にはっきり分かれ、勝ち組に入れない大抵の人は辞めてしまいます。

不動産仲介会社の離職率は、3年で何と50%。

半分以上の人が3年でやめてしまうのです。それでは勝ち組になるのには一体どのようにしたら良いのでしょうか。勝ち組になるには案件をこなして仲介手数料を稼ぐ必要があります。とはいえ新入社員が一朝一夕に案件がこなせるようになるわけがありません。実は案件をこなせるようにする簡単な方法があるのです。

上司に案件をまわしてもらうことです。

上司は元々スーパー営業マンであることが多いため責任者となった後でも旧顧客や仕事の付き合いによる案件を持っており、また所属店舗に回ってきた案件をどの営業マンにまわすか采配できます。案件を采配する上で新入社員は、古参の社員と異なりフットワークもよく使 いやすいし、教えた分だけ成長した結果が出ればそれをみるのも楽しい為、積極的に案件を采配してくれる上司もいます。しかし、案件をもらえる新入社員には条件があります。それは、仕事の最低限の知識が身についていること、他の新入社員より優秀であることが条件となってまいります。 上司から評価されると更に案件をまわしてもらえるようになり、案件をこなす事でスキルアップが出来ます。スキルアップできれば大きい案件も任せてもらえるようになります。大きな案件をまとめれば数字もついてきますし、数字が良くなると広告費がたくさん使える優良店舗に異動する事もできます。優良店舗に行けば数字が良くなり、大きな案件も増え、自然と良い循環が出来てきます。このような良い循環にするためには、先ほどもお伝えしたとおり、同期に勝つことが必須となってまいります。

スーパー営業マンから派生する案件をこなすことです。

ス-パー営業マンは抱えている案件の数も多く、すべての案件を自分で処理することは不可能なので、自分で処理しきれない案件をほかの人に回してくれます。スーパー営業マンについていけば、おこぼれから発生する仕事で数字を作ることもできます。しかしながら、やはりスーパー営業マンから仕事をもらうにも上述した条件が必要となってまいります。 以上のように仕事が出来る新入社員は良い循環となり成長できますが、使えない営業は雑用を任されてしまいます。その為、入社後の

最初の一年で大きな差がついてしまいます。

当サイトでは、一番の要である案件を任せてもらえるようになる上で必要不可欠な最低限の基礎知識に主眼を置いてまとめております。まずは、当サイトの内容を押さえ、

基礎的知識をしっかりと把握してください。

当サイトを活用して是非不動産仲介会社での勝ち組となってたくさん稼いでください。

年収1,000万円も夢ではありません。

尚、当サイトの内容は一部非公開とさせていただいており、すべての内容を公開した完全版をマニュアルとして販売させて頂いております。 当サイトの完全版を3,000円とし、これにすぐ使える書式集をデータ化したものを付属した完全版+書式集を5,000円とさせて頂きました。

是非当サイトのマニュアルを活用してください。

なお、当サイトは今後も改良を続けていく予定のため、現時点で購入して頂いた方にも今後の改良版を無料で配布させて頂く予定です。

当サイトのマニュアルをお求めの方は、下記までご連絡願います。

※当サイトはリンクフリーです。



ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に