宅建合格に必須の9か条

今は入社前に宅建の資格を持っている方も多いです。仕事が忙しくなると勉強する時間がなくなったり、せっかくの休日を潰す事にもなります。また、同期での出世も遅れてしまいます。ここでは、絶対に合格できる方法をまとめております。

1.勉強期間について:独学で勉強するなら入社後6ヶ月、1度試験を受験したことのある人であれば3ヶ月あれば十分合格できる資格です。

2.問題の傾向:・・・

3.勉強対象:

   ①過去問:基本的には直近20年間の過去問を繰り返し解くことになります。20年間の過去問を最低5回は繰り返しして解く必要があります。過去問を解いた日をテキストに書き込むようにしましょう。

   ②重要条文:重要な条文は暗記しましょう。

   ③参考書:・・・

4.禁止事項

    ①参考書をたくさん購入すると勉強の密度が下がってしまいます。基本的には狭く深く勉強することです。

    ②ノートを作ってはいけません。ノートを作るとそれだけで満足してしまい、ノートを一生懸命作った時間が無駄になります。

5.合格水準:過去問を3,000問こなせば十分に合格ラインに到達しています。・・・

6.おすすめテキスト:

   ①らくらく宅建塾

   ②過去問宅建塾

   ③宅建六法

   ④・・・

7.模試について:模試は1ヶ月に1回受験すれば十分です。試験までに3回受ければ十分でしょう。模試は自分の立ち位置を確認する程度で十分です。

8.予備校について:・・・

9.試験1週間前:ある程度受験回数を重ねている人は試験1週間前の過ごし方が重要となってまいります。場合によっては試験1週間前は思い切って仕事を休むぐらいが丁度よいです。何回も受験している方には特にお勧めです。

コメントする

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に