GWがあったため収益額が3,000円を切ってしまった。5月は2,928円。グーグルアドセンス。

予想したとおり5月はCWがあったため、アクセス数が減ったため、収益額も下がってしまった。

来月こそは頑張りたい。

【4月の成果】

ページビュー数21,069回、収益額2,928円

なぜか収益額が下がってしまった。4月は3,460円。グーグルアドセンス。

4月もアクセス数が好調だったのに、なぜか収益額が下がってしまった。

先月は一過性のものだったのだろうか。

来月はGWもあるからアクセス数が下がってしまう。

収益額がどうなるか心配だ。

【4月の成果】

ページビュー数21,982回、収益額3,460円

サイトの最適化とクリック数増加のおかげか、とうとう5,000円の大台と突破。3月は5,508円。グーグルアドセンス。

3月は、サイトのアクセス数が約1.4倍となったせいか、グーグルアドセンスの最適化をテストしているせいか、

収益額が、とうとう大台の5,000円を突破することができました。

次のステップは、1日1,000円ですが、これはかなり難しいと思われます。

もっと表示回数の多いワードの掲載順位を上げないといけません。

【3月の成果】

ページビュー数23,282回、収益額5,508円。

1クリックあたりの単価が減ってしまいました。2月は3,272円。グーグルアドセンス。

2月は1月と比べてクリック数が1減ったのみですが、収益額が349円減ってしまいました。日数が短かった影響もあるかもしれません。

【2月の成果】

ページビュー数20,827回、収益額3,272円。

月間収益額が伸びてきました。1月は3,611円。グーグルアドセンス。

相変わらず志望動機のPV数は低いですが、全体的にアクセス数がじわじわ増えているのでしょうか。

もうそろそろ1サイトを追加しても良いかも知れません。

【1月の成果】

ページビュー数18,437回、収益額3,611円。

月間収益額が3,000円を回復。12月は3,055円。グーグルアドセンス。

12月の月間収益額は先月から多少回復してくれました。

ページビュー数は先月と変わりませんが、クリック数が伸びてくれました。

新しく作ったサイトが、下がった志望動機のページビュー数をカバーしてくれています。

【12月の成果】

ページビュー数17,738回、収益額3,055円

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に