Page不動産仲介 新入社員への注意事項 | 不動産仲介会社への入社・就職マニュアル - Part 2     

考え方をシンプルに。

新入社員は、どうしても自分の思考を整理することができないらしい。その結果、周囲は何が言いたいかわからない、内容を理解していないまま仕事をしてしまう、という印象をもってしまう。そのような時にお勧めするのが、一度自分の思考を紙に書くことだ。もちろん結論から書くようにしなければならない。新入社員からの報告は、思考が混乱している為聞いている側が非常に疲れてしまう。

新入社員、その電話に出る必要がありますか?

新入社員がかかってきた電話に真っ先に出る。これはとても良いことだが、時と場合による場合もある。例えば先輩が、注意をしている時だ。本来は先輩が注意していることを聞き逃さず理解しようと一生懸命に聞いていれば電話に出ることさえ行動に及ばないこともある。しかしながら注意に身が入っていない場合には、かかってきた電話が気になってしまい、注意から逃げたい気持ちが働いて電話に出てしまうようだ。もちろん、電話が鳴ったらすぐ出るという条件反射もあるだろう。

注意している先輩としては、注意をないがしろにされていると感じるし、時には、かかってきた電話がなかなか終わらずいらいらしながら新入社員の電話が終わるのを待つ羽目になってしまうこともある。これでは先輩もばからしい気持になってしまう。他に電話を取ってくれる人がどうしてもいない時は、電話に出てもよいか断るのが礼儀になる。それでも先輩が電話よりも注意が優先と感じる場合には、電話を取ることはできないだろう。

新卒君3か月研修の感想。

新卒君が、入社後3か月後に行った研修後の感想をまとめました。

・一つの数字のミスで大きなミスにつながってしまうと感じた。

・お客様に案内した費用と実際の費用が違うとお客様の信頼を失うとともに、契約自体ができなくなってしまう。

・知識を身につけ、計算練習を行い、費用計算を求められた時でもすぐにできるようにする。

・スピード感を出すことでお客様に仕事ができるというイメージを与えたい。

・お客様のプライベート部分をうまく引き出せるようなヒアリング力を身につけたい。

新卒君8月の感想。

【新卒君が8月に提出したレポートの内容です。】

・目標10件に対して1件のみの成果しか得られなかった。

・振り返ると夏休み、お盆とあったものの、配布枚数、チラシの内容等と改善すべき点が多くあった。

・複数の業務を並行して行うことができなかった。

・常に考え自分自身で筋道を立て、与えられているものだけではなく自分からの行動が必要だと考えた。

・感じたままにするのではなく行動に移し、結果に繋げる動きをしていく。

・社会人としての基本的な行動すらもできていない部分があり、今のままでは成長できない人間になる。

・意識を変え自分自身を変えるために自分を見つめ直すことが必要。

【レポートに対する所見です。】

・悪い意味での慣れが出てきて気の緩みによるミスが散見される。

・一度基本に立ち返り、無心でチラシを投函するぐらい方が良いかもしれない。

・翌月は単独業務を中心にできるようにする。

・全てにおいてスピード感がない。

新卒君7月の感想。

【新卒君が7月に提出したレポートの内容です。】

・今月もミスが多く何か1つ抜けていたり、何個もミスをしてしまった。

・聞くべきところを聞かず、確認すべきところを自分の判断で行動してしまっていた。

・案内を2件、反響、媒介契約0件ということで数字につながる成果がない。

・案内取りのアプローチの仕方、話し方を変え、案内取りの上手な方の技を盗んでいきたい。

・来月は反響と案内、この2点に重きを置いて結果として数字を残していきたいと思っている。

・効率と確立を上げる行動をしていく。

【レポートに対する所見です。】

・逆算して業務に取り組めば、すぐに数字ができる。

・目標の設定と達成に要する時間の組み方を習得してほしい。漫然と仕事をしている。

・元気がなくなってきた

・多くの項目、課題が増えてきたためか、冷静に仕事がこなせず、オーバーワークの状態に見受けられる。

・今の時点ではミスを恐れずにどんどん突き進んで欲しい。

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建