宅建試験までの追い込み 

残りわずかとなった宅建試験日。

模試などの成績で伸び悩んでいる人も最後の諦めない追い込みが合否を分けます。

模試では見たことのない応用問題で間違っても、本試験では過去に出題されたことのある選択肢が出てきます。

このような過去問に出題されたことのある間違えてはならない問題を絶対に取れれば模試では合格点に届かなかった人も合格できます。

ここからの追い込みには、新しいことに手をつけたり模試を復習するのではなく、過去問を完璧に覚えることが一番の正解です。

受験生の皆さん、これからの頑張りで今後の一年間が決まってしまいます。最後まで頑張ってください!!

チェックリスト(長期休暇前)

長期休暇前にチェックしたい事項をまとめました。

・売主、買主へ長期休暇の挨拶をしたか。

・休暇前の決済案件で、休暇中に瑕疵担保責任の期間が経過してしまう案件がないか。期間経過内に売主もしくは売主の仲介会社へ連絡が取れるようになっているか。

・休暇期間中に、ローン取得期日が到来してしまう案件の、ローン状況に問題がないか。

・休暇明けの広告等の手配は大丈夫か

・住宅ローン控除を利用するお客様の住民票の異動が年内に完了しているか。

・鍵を預かっている物件の戸締り、消灯確認をしたか。

 

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に