キーワード「不動産仲介」での検索結果

キーワード「不動産仲介」をグーグルで検索した結果何ページ目に表示されるか、また、ウエブマスターツールでの平均掲載順位についてまとめました。

1.グーグルでの検索結果

12月:20ページ目内での結果表示なし。

1月半ば:10~11ページ目

1月24日:9ページ目、投稿あり

1月25日:8ページ目、投稿あり

1月26日:7ページ目、投稿あり

1月27日:9ページ目、投稿なし

1月28日:10:00: 8ページ目、11:00:9ページ目、12:00:8ページ目、14:00:7ページ目、22:00:8ページ目、23:00:7ページ目、投稿あり

1月29日:投稿なし

1月30日:7ページ目、投稿なし

1月31日:6~7ページ目、投稿あり

2月1日~3日:7ページ目、投稿あり

2月5日~9日:9ページ目、投稿あり

2月10日:8ページ目※投稿による順位の変動は感じられないがじわじわと順位が上がっている。

2月12日:8ページ目

2月16日:7ページ目

3月1日:4ページ目

3月11日:3ページ目

2.ウエブマスターツールでの平均掲載順位(キーワード「不動産仲介」)

1月半ば:180位

1月23日:150位

1月28日:130位

1月31日:120位

2月3日:110位

2月5日:110位

2月9日:96位

2月10日:92位

2月12日:83位

2月13日:77位

2月14日:76位

2月15日:73位

2月17日:75位

3月1日:73位

3月4日:56位

3月5日:48位

3月11日:36位

12月18日:30位

平成28年3月8日:35位

3.考察

1月28日

【考察①】グーグルでの検索結果は日々変動しており(朝9ページ目に検索表示されていたものが、夕方には8ページ目に検索表示されることもある)、ブログ記事を新規投稿すると、タイムリーに検索結果の順位が上昇することが確認できる。このことから、ブログ記事は毎日新規投稿した方が良いように思える。

【考察②】ライバルページAの検索結果を確認してみると、5ページ目に表示されていた(こちらは8ページ目)。ドメインオーソリティやページオーソリティは負けていないので、バックリンクの質が悪くて負けてしまっている結果となっている。

○2月4日

【考察③】ライバルページBの検索結果を確認してみると、5ページ目に表示されていた(こちらは7ページ目)。ドメインオーソリティやページオーソリティは負けていない。ルートドメインもこちらが「1」相手が「3」とそんなに変わらない。しかも相手は2007年7月以降ブログ記事を更新していない。これは、サイトの開設時期が関係しているのだろうか。

【考察④】これまで1日を通して観察していても、サイト表示順位の入れ替わりが多かった様に思えるが、昨日から表示順位が安定してきたように感じる。おかげでキーワード「不動産仲介」での表示順位は9ページ目となってしまった。最高で6ページ目に表示されていたことが懐かしい。

〇3月1日

【考察⑤】この日は、googleでの検索結果が大幅に上昇した。キーワード「不動産仲介」での表示順位は4ページ目.月が変わったのが関係あるのだろうか。順位も上がったことで新たなライバルページCをopen site explorerで確認したが、そんなにオーソリティは高くない。未だにgoogleのアルゴリズムが良く分からない。

〇3月12日

【考察⑥】今や、キーワード「不動産仲介」で当サイトよりDAやPAがt高いサイトは存在しない。それなのに1位表示されない理由は何か、もしかするとドメインエイジが関係しているのかもしれない。

〇12月5日

【考察⑦】30位台になってからというもの、ニッチなワードでは1位を取れているものの全く動きを見せなくなってしまいました。ここから先上に行くにはどうしたらよいのか。何か新しいことを考えなくてはならない。完全に壁にぶちあたってしまった。

〇平成28年3月8日

【考察⑧】これまで月3,000~3,300回程度だったクリック数が月4,000回くらいに伸びてきた。Googleでペンギンアップデートでもしたのだろうか。また、ドメインオーソリティとページオーソリティが1になってしまったが、Open Site Explorer Mozの検索に引っかからなかったのだろうか?

 

4.ライバルページとの比較

〇当サイト:1月28日ドメインオーソリティ77、ページオーソリティ37、トータルリンク567

      :3月11日ドメインオーソリティ78、ページオーソリティ40、トータルリンク585ルートドメイン8

1月28日ライバルページA:ドメインオーソリティ29、ページオーソリティ33、トータルリンク196、ルートドメイン26

2月4日ライバルページB:ドメインオーソリティ61、ページオーソリティ31、トータルリンク7、ルートドメイン3

3月1日ライバルページC:ドメインオーソリティ15、ページオーソリティ24、トータルリンク191、ルートドメイン4

3月11日ライバルページD:ドメインオーソリティ61、ページオーソリティ34、トータルリンク106、ルートドメイン3

住宅金融支援機構「リバモ型住宅ローン」が大幅に増加

住宅金融支援機構「リバモ型住宅ローン」が大幅に増加しています。 これは、認知度が高まってきたことと、17年から導入されたノンリコース型の使い勝手が良かったことが理由です。   A「一般的なリバースモゲージ」 ➡現在所有している住宅を担保にロ

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ