キーワード「不動産仲介」での検索結果

キーワード「不動産仲介」をグーグルで検索した結果何ページ目に表示されるか、また、ウエブマスターツールでの平均掲載順位についてまとめました。

1.グーグルでの検索結果

12月:20ページ目内での結果表示なし。

1月半ば:10~11ページ目

1月24日:9ページ目、投稿あり

1月25日:8ページ目、投稿あり

1月26日:7ページ目、投稿あり

1月27日:9ページ目、投稿なし

1月28日:10:00: 8ページ目、11:00:9ページ目、12:00:8ページ目、14:00:7ページ目、22:00:8ページ目、23:00:7ページ目、投稿あり

1月29日:投稿なし

1月30日:7ページ目、投稿なし

1月31日:6~7ページ目、投稿あり

2月1日~3日:7ページ目、投稿あり

2月5日~9日:9ページ目、投稿あり

2月10日:8ページ目※投稿による順位の変動は感じられないがじわじわと順位が上がっている。

2月12日:8ページ目

2月16日:7ページ目

3月1日:4ページ目

3月11日:3ページ目

2.ウエブマスターツールでの平均掲載順位(キーワード「不動産仲介」)

1月半ば:180位

1月23日:150位

1月28日:130位

1月31日:120位

2月3日:110位

2月5日:110位

2月9日:96位

2月10日:92位

2月12日:83位

2月13日:77位

2月14日:76位

2月15日:73位

2月17日:75位

3月1日:73位

3月4日:56位

3月5日:48位

3月11日:36位

12月18日:30位

平成28年3月8日:35位

3.考察

1月28日

【考察①】グーグルでの検索結果は日々変動しており(朝9ページ目に検索表示されていたものが、夕方には8ページ目に検索表示されることもある)、ブログ記事を新規投稿すると、タイムリーに検索結果の順位が上昇することが確認できる。このことから、ブログ記事は毎日新規投稿した方が良いように思える。

【考察②】ライバルページAの検索結果を確認してみると、5ページ目に表示されていた(こちらは8ページ目)。ドメインオーソリティやページオーソリティは負けていないので、バックリンクの質が悪くて負けてしまっている結果となっている。

○2月4日

【考察③】ライバルページBの検索結果を確認してみると、5ページ目に表示されていた(こちらは7ページ目)。ドメインオーソリティやページオーソリティは負けていない。ルートドメインもこちらが「1」相手が「3」とそんなに変わらない。しかも相手は2007年7月以降ブログ記事を更新していない。これは、サイトの開設時期が関係しているのだろうか。

【考察④】これまで1日を通して観察していても、サイト表示順位の入れ替わりが多かった様に思えるが、昨日から表示順位が安定してきたように感じる。おかげでキーワード「不動産仲介」での表示順位は9ページ目となってしまった。最高で6ページ目に表示されていたことが懐かしい。

〇3月1日

【考察⑤】この日は、googleでの検索結果が大幅に上昇した。キーワード「不動産仲介」での表示順位は4ページ目.月が変わったのが関係あるのだろうか。順位も上がったことで新たなライバルページCをopen site explorerで確認したが、そんなにオーソリティは高くない。未だにgoogleのアルゴリズムが良く分からない。

〇3月12日

【考察⑥】今や、キーワード「不動産仲介」で当サイトよりDAやPAがt高いサイトは存在しない。それなのに1位表示されない理由は何か、もしかするとドメインエイジが関係しているのかもしれない。

〇12月5日

【考察⑦】30位台になってからというもの、ニッチなワードでは1位を取れているものの全く動きを見せなくなってしまいました。ここから先上に行くにはどうしたらよいのか。何か新しいことを考えなくてはならない。完全に壁にぶちあたってしまった。

〇平成28年3月8日

【考察⑧】これまで月3,000~3,300回程度だったクリック数が月4,000回くらいに伸びてきた。Googleでペンギンアップデートでもしたのだろうか。また、ドメインオーソリティとページオーソリティが1になってしまったが、Open Site Explorer Mozの検索に引っかからなかったのだろうか?

 

4.ライバルページとの比較

〇当サイト:1月28日ドメインオーソリティ77、ページオーソリティ37、トータルリンク567

      :3月11日ドメインオーソリティ78、ページオーソリティ40、トータルリンク585ルートドメイン8

1月28日ライバルページA:ドメインオーソリティ29、ページオーソリティ33、トータルリンク196、ルートドメイン26

2月4日ライバルページB:ドメインオーソリティ61、ページオーソリティ31、トータルリンク7、ルートドメイン3

3月1日ライバルページC:ドメインオーソリティ15、ページオーソリティ24、トータルリンク191、ルートドメイン4

3月11日ライバルページD:ドメインオーソリティ61、ページオーソリティ34、トータルリンク106、ルートドメイン3

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建