整体に行って最後?の調整を

年末年始で筋肉もかなりほぐれたので、最後の仕上げを行おうと思って整体に行ってきた。メインは骨盤のゆがみ調整だ。診察時に骨盤が歪んでいるような気がすると伝えると、流石はプロ。以前スポーツクラブのトレーナーに指摘されたことにある、右肩の下がりを指摘された。加えて右足太ももと左足太もも裏の張りを指摘された。今回はそこを整体で緩めていく。

整体をされていて気がついたが、臀部と太ももの中間がかなり張っている。これまで自分でかなりほぐしてきたつもりだが、一人では限界があるらしい。30分のコースを少しオーバーして体の歪みが取れたとのこと。これが本当であるならばこんなに嬉しいことはない。しかし、少し不安を覚えるのが、確かに筋肉は緩まった気がするが、骨盤の調整がされた気がしないので、せっかく緩めた筋肉も歪んだ骨盤の影響で再び強ばってしまうのではないか。それとも筋肉を緩めたおかげで骨盤が正常な位置へ戻っていくのだろうか。こればかりは様子を見ないと何とも言えない。

コメントする

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に