不動産買取業者 ランキング

全国の不動産買取業者のランキング(資本金、設立年月日)をまとめました。ご所有不動産の買取を検討されている方は参考にしてください。不動産の買取は、高額買取の信頼できる会社へ。当ランキングに掲載希望の法人様は、ご連絡ください。

【マンション買取】

○全国
 1.インテリックス  資本金22.1億円、平成7年設立
 2.マイランド 資本金3億円、平成20年設立
 3.イーグランド 資本金8.2億円、平成元年設立
○北海道:1.ジョンソンホームズ 0.5億円、昭和62年設立
○東北:1.エコラ 資本金0.1億円、平成16年設立
○北陸:1.東光商事 資本金3.2億円、昭和8年設立
○関東:1.ムゲンエステート 資本金5.8億円、平成2年設立 2.トータルエステート 資本金2.1億円、平成10年設立
○中部:1.ホームプランナー 資本金1億円、平成15設立 2.第一ハウジング 資本金0.3億円、平成9年設立
○関西:1.フジ住宅 資本金48.7億円、昭和49年設立 2.日住サービス 資本金15.6億円、昭和51年設立
○四国:1.セイコー不動産 資本金0.4億円 昭和59年設立
○中国:1.オールハウス 資本金0.1億円、昭和51年設立 2.アクティブ 資本金0.1億円、平成9年設立
○九州:1.ジップ 資本金0.1億円、平成15年設立 2.理研住販 資本金0.1億円 平成20年設立

 

【土地買取】
○全国
 1.飯田産業 資本金20億円、昭和52年設立
 2.アーネストワン 資本金42億円、昭和56年設立
○北海道:豊栄建設 資本金0.2億円 昭和53年設立
○東北:東海住宅 資本金0.9億円 昭和46年設立 
○北陸:イシカワ 資本金 不明 昭和43年設立
○関東:飯田産業 資本金20億円、昭和52年設立
○中部:1.ウッドフレンズ 資本金2.8億円、昭和57年設立
○関西:フジ住宅 資本金48億円 昭和48年設立
○四国:フィット 資本金0.4億円 平成21年設立
○中国:広島建設 資本金0.8億円 昭和45年設立
○九州:イオスコーポレーション 資本金0.1億円 平成19年設立

 

【戸建買取】

○全国:
 1.カチタス 資本金37億円 昭和53年設立 
 2.リプライス 資本金0.7億円 平成6年設立 
 3.リアルト・ハーツ 資本金1億円 平成13年設立
○北海道:大東インターナショナル 資本金0.3億円 平成15年設立 ツカサホーム 資本金1億円 平成22年設立
○東北:ホットハウス 資本金1億円 平成4年設立
○北陸:曙不動産有限会社 平成14年設立
○関東:マイホーム 資本金0.9億円 平成16年設立
○中部:石原住宅
○関西:
○四国:
○中国:
○九州:

 

  2016年中古住宅買取再販販売戸数ランキング          (社名) (販売戸数) (売上高)     1位:カチタス、3034戸、391億円   2位:フジ住宅、1518戸、264億円     3位:インテリックス、1393戸、326億円     4位:大京、1236戸、294億円     5位:トータルエステート、860戸、260億円     6位:イーグランド、850戸、168億円     7位:リプライス、726戸、118億円     8位:エフ・ジェー・ネクスト、702戸     9位:長谷工リアルエステート、586戸、129億円     10位:スター・マイカ、540戸、131億円

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に