チェックリスト 戸建て購入(内見)時

中古戸建てを購入(内見)する際にチェックしたい事項をまとめました。

1.シロアリがいないか⇒床下点検口から床下に潜ってシロアリがいないか確認します。

2.雨漏りがないか⇒点検口から天井裏に入り、雨染みがないか確認します。

3.給排水管の故障がないか⇒特に床下を確認し、水漏れがないか、水を使用していないのにメーターがまわっていないか確認します。

4.給排水管が隣地を通って配管されていないか、隣地の給排水管が敷地を通っていないか⇒最終マスを開けて確認します。

5.雨水の処理がきちんとされているか。

6.外壁のコーキングに著しい劣化がないか⇒雨漏りの原因となります。

7.外壁や基礎にクラックがないか⇒ヘアクラック程度であれば問題ありません。

8.違法な増築がないか⇒更なる増築ができない場合や固定資産税が追徴される場合があります。

9.塀や擁壁に問題がないか⇒撤去ややり直しが必要となる場合があります。

10.接道に問題がないか⇒大幅なセットバックや再建築できない場合があります。

11.傾きがないか⇒建具や窓に開閉に不具合がないか、水平器等でも調べます。

12.腐食やカビがないか⇒建築に欠陥がある場合、カビや腐食等のサインが生じます。

13.電波障害がないか⇒電波障害があるため、地デジをCATVで視聴している場合があるので売主に確認します。

14.植栽に問題がないか⇒植栽の落ち葉が隣地へ落ちたり、隣地の落ち葉が落ちてきたり些細なことでトラブルの原因になります。

ゼロ社員・タコ社員・赤字社員の割合

月単位でみると、優れた営業マンでも全く契約できなかった。そういうこともあります。1件も契約できない社員はゼロ社員、タコ社員と呼ばれてしまいます。 【ゼロ社員・タコ社員の割合】、 ・全営業マンの内10%程度 ・2店舗中1名程度 【赤字社員】 赤字社員と

店舗の平均実績

営業マンに達成しなければならないノルマがあるのと同じで、店舗でもクリアしなければならないノルマがあります。ここでは店舗規模毎のノルマをまとめてみました。 【平均店舗の実績】 ・4名程度の店舗・・・月1,200万円 ・5名程度の店舗・・・月1,500万

トップ営業マンの1ヶ月当たりの営業成績例

不動産仲介会社のトップ営業マンが、1ヶ月で成約する契約内容の例についてまとめました。流石に毎月これだけの契約をすることはできませんが、上手くいくとこれ以上の成績を上げることもできます。   トップ営業マンの単月の営業成績12,270,000

2016年首都圏中古マンション価格がミニバブル水準を上回る

2016年の年間平均中古マンション価格(70㎡)は3,476万円となり、ミニバブル期のピークを記録した2008年の水準3,128万円を大きく上回った。

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング

新築分譲マンション2016年事業主別供給ランキング 1.住友不動産          6,034戸 2.三井不動産レジデンシャル   4,320戸 3.野村不動産          4,056戸 4.プレサンスコーポレーション  3,225戸 5.三

三井のリハウス 評判 クチコミ

三井のリハウスの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・平成28年度からユニット制という、2~4人のチームでお客様をサポートする体制に移行。 ・ユニットリーダーに対してマネジメントの方法がしっかり教えていられない。 ・新築(レジデンシ

東急リバブル 評判 クチコミ

東急リバブルの評判やクチコミについてまとめました。 【2017年】 ・センター長によって別会社と思えるくらい雰囲気や働きやすさが変わる ・当たりのセンター長のところに配属されると仕事もたくさん与えてもらえて経験も詰めてストレスなく成長できる ・ハズレ

中古マンションの成約戸数が、新築マンションの供給戸数を逆転

2016年の新築マンション供給戸数が3万5772戸に対し、首都圏の中古マンション成約戸数が3万7189戸になりました。10年前に中古の成約件数が新築供給戸数の40%程度だったことに比べて大きな変化です。新築マンションは、主に地価の高騰・建築費の上昇に