チェックリスト(重説作成時)

重説作成時のチェックリストをまとめました。

・倉庫や集会所等の登記された共有建物が別にないか

・電線等の地役権、地役権が設定されていないか

・規約敷地はないか

・相続登記が未了の場合、相続登記ができない場合を解除条件としているか

・仮登記や差押の登記がされている場合、抹消ができない場合を解除条件としているか

・都市計画施設がある場合、その位置、面積、計画〈事業〉決定年月日並びに公拡法の適用があるか

・前面道路の種別(公道、私道、幅員、位置指定年月日、開発許可年月日、セットバックの有無とその面積と道路中心線の位置)

・位置指定道路と現況道路の形状が一致しているか

・建ぺい率・容積率オーバーしていないか

・土地区画整理地の場合、換地図を取得したか

・私道の持分はあるか、ない場合掘削・通行承諾を取得したか

・私道の場合、水道管や下水管は公設管か※私設管の補修・更新工事は私道所有者の負担

・電線・屋根・植栽・ブロック塀・擁壁が隣地に越境していないか、隣地から越境されていないか

・上下水道管・ガス管が隣地を経由して引き込まれていないか、隣地の管が敷地内を経由していないか

・プロパンガスを中止する場合、解約金がかからないか

・浄化槽の清掃金がかかるか

・施設設置料金の未払金等はないか

・土地が賃借権の場合、残存期間、名義変更料、地主の承諾書が必要か確認したか

・リフォーム工事を行う場合の制限を確認したか(フローリングの遮音等級・隣接住戸の承諾書・工事着工○日前の許可)

・ペットの飼育制限頭数はあるか

・駐車場の空きがない場合に、順番待ちとなるか抽選となるか

・長期修繕計画書上の一時金徴収の有無、値上げ予定の有無は確認したか

・売却時の一時金払いはあるか

・大規模修繕実施の時期と今後の予定、共用部分の修繕履歴を確認したか

・機械式駐車場やエレベーターの更新工事予定はないか

・管理組合の借入金はないか

・管理費、修繕積立金の滞納がないか、マンション全体での滞納がないか

・専有部分がリフォームしてある場合、規約違反の工事となっていないか

・TVは地デジなのか、CATVなのか、CATVの場合使用料がかからないか

・災害警戒区域に指定されていないか

・アスベストの使用がないか、ある場合どこに使用されているか

・耐震診断を受けているか、受けている場合耐震補強が必要か

・オーナーチェンジの場合、敷金、賃料の清算確認をしたか

・年末をまたぐ取引の場合、前年の固定資産税額で清算するか確認しているか

・売主が課税業者の場合、消費税額を確認しているか

・ゴミ置き場の場所を確認したか

・境界標はあるか、道路部分との境界標は確定測量しない場合には不要

・更地の場合、取り壊された建物が滅失登記済かどうか確認したか

・未登記部分がないか現地や固定資産課税台帳と確認したか

・公有地(青地・赤地)が含まれていることで大幅な敷地面積の減少がないか

・敷地の路地状部分が、条例の制限に反していないか

・既存不適格建築物を増築する場合、増築部分だけでなく既存部分全体を現法に適した建物に適した建物にしなければならない

・但書道路の許可基準が明確か

・擁壁や崖が建築確認を取得するのに支障がないか

・擁壁は検査済か

・擁壁にはらみやクラックがないか、大谷石を使用していないか

・法地に擁壁がない場合、擁壁設置の義務があるか

・埋蔵文化財がないか

・高圧線下またはトンネルの上等の場合、建築物の建築制限がないか

・河川区域内ではないか

・建築協定や地区協定がないか

・水道管が細く(13㎜)ないか

・水理計算に問題がないか

・シロアリの検査を入れているか

・天井や壁に雨染み、カビ等はないか

・スレートの割れ、はがれ、モルタルクラック、つなぎ目部分のずれはないか

・蟻道や床下点検口から見て異常はないか

・フカフカしている個所はないか

・特に浴室回りのドア枠等がスカスカしていないか

・地盤の沈下、亀裂、床の落ち込み、建具の開閉具合に問題がないか

・土地履歴が田の埋立地、盛土の造成地ではないか

・水平器を使用して傾きがないか確認したか

・エアコンの取り付け方法が特殊ではないか

・外国居住者が売主の場合、所得税の源泉徴収がどのようになっているか

・物置、カーポートがある場合に建ぺい率・容積率違反となっていないか

・取引物件に都市計画施設が隣接していないか(公拡法)

・エレベーターが既存不適格ではないか、定期検査票で確認

お客様からの信頼獲得方法

お客様からの信頼が得られれば、お客様から「あの物件を見たい」と連絡を頂ける様になります。  ①言い訳やごまかしをしない。わからないことは後日調べて回答するようにしましょう。  ②売却事情を確認しておく。たとえば隣人とのトラブルが原因で売却するような事

調査

 媒介契約後、契約締結前までに物件についての調査を完了しなければなりません。調査内容によっては売買契約の目的を達することができないため、できれば媒介契約後直ちに調査を行いたいところですが、契約になりもしない物件の調査を行って結局売れなかったりした場合

媒介継続

首尾よく媒介契約を締結できたとしても、高い値段で契約してしまい売れない、お客様の案内が入らない、他社からの横槍が入ってしまった等の理由になり、お客様との関係が疎遠になってしまい、媒介契約期限が更新できず終わってしまうケースがあります。媒介契約が切れた

お礼状 契約後 お客様 お変わりありませんか

過去にお取引のあったお客様に、再度のお取引を目的として、その後のご様子を伺う手紙の例文です。 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 〇〇不動産〇〇でございます。 その節は大変お世話になり誠にありがとうございました。 私は現在、〇〇

野村不動産アーバンネットへの志望動機

私が野村不動産アーバンネットを志望したのは、購入検討客を重視している方針と、ワークライフバランスが非常に充実していると考えたからです。ノムコムによるきめの細かい顧客フォロー、充実した仕事をするために必要な休暇、お客様から信頼される宅地建物取引士・会社

東急リバブルへの志望動機

私が東急リバブルを志望したのは、大手不動産会社の中で、ワークライフバランス・顧客サービス・コンプライアンス・給与体系バランスが一番良いと思ったからです。充実した仕事をするために私生活も充実させなければいけないこと、不動産取引の中で不測な事態が起こった

住友不動産販売への志望動機

私が住友不動産販売を志望したのは、直営仲介で№1である御社に入社して、他の大手不動産会社の社員よりも稼ぎたいと思ったからです。御社では成績を上げれば上げるだけ賞与の金額が増えると伺っております。営業の世界の中で一番重要なことはモチベーションを如何に保

三井不動産リアルティへの志望動機

私が三井不動産リアルティに志望したのは、不動産仲介業で№1の御社に入社して、№1の仕事をしたいと思ったからです。特にコンプライアンスを重視し、チームで仕事を取り組むという方針が他の大手不動産会社と異なっていると思いました。宅地建物取引主任者から宅地建